今主流の光・レーザー脱毛

全身脱毛には色々なタイプの脱毛法があるため、肌への影響や痛み、費用などを考慮しながら自分に最適な脱毛法を選びましょう。
家庭用脱毛器やエステで主流となっているのが、光脱毛(フラッシュ脱毛)と呼ばれる脱毛法です。
毛を作り出している毛乳頭という根元の部分に発毛組織を破壊する光を照射し、毛の脱落を促したり発毛を止めたりする方法です。
光脱毛は少し熱いかなと感じる程度で痛みも少なくて肌に優しい上、一度に広い範囲の脱毛がわずか数秒ででき、効率的なので人気が高まっています。
また、光脱毛と同じようにレーザー脱毛もエステや美容クリニックなどでよく行われています。
レーザー脱毛は毛の黒い色素に反応するレーザーを照射し、根元から毛の成長をストップさせる方法で、ちくっとする程度の痛みがありますが、肌への負担が軽く短期間で脱毛できるのが特徴です。
ただし細い毛には反応しにくく、日焼けしている肌には使えないというマイナス面もあります。

様々な脱毛法

エステなどの全身脱毛では光脱毛とレーザー脱毛がよく用いられていますが、他にも色々な脱毛法があるので知っておくと良いでしょう。
まず、以前よく行われていたのが、毛穴に針を差し込んで電気を流、し根元から毛を引き抜く電気針脱毛法です。
全ての毛を一本一本丁寧に処理していくので、うぶ毛や色の薄い毛などもキレイに脱毛でき、効果が高いのが特徴です。
しかし、痛みが伴う上に1本ずつ抜くので時間がかかる上、脱毛の高い技術が必要となるため費用が割高になるといった点がマイナス要素でもあります。
他には、自分でもエステでもできますが、脱毛効果のあるワックスを肌に塗布し、専用のテープを貼り付けてはがして抜くという方法もあります。
ワックス脱毛は比較的割安で仕上がりが早いため、今すぐ脱毛したいという人にはとても便利ですが、肌へのダメージがあり、痛みも伴うので繰り返し行うのは避けたほうが良いでしょう。

このページの先頭へ